過払い金請求をするには弁護士費用がかかり、ブラックリストに登録されるというデメリットがあります。

過払い金請求をした場合にデメリットはある?費用・ブラックリスト・ローンの審査など

MENU

過払い金請求にデメリットはある?

ここ数年、CM等で頻繁に目にするのが「過払い金請求」という言葉です。

 

これは簡単に言えば、払い過ぎたお金を請求して取り戻すということで、多くの場合、弁護士や司法書士に頼んで請求を行います。

過払い金請求は専門家に相談!

 

おそらくこの説明だけを聞くと、過払い金請求にはメリットしかないと考えられる方が多いでしょう。

 

しかしあまり知られていませんが、実際にはデメリットもあるのです。

 

ここでは、そんな過払い金請求のデメリットを紹介していきたいと思います。

 

ブラックリストに登録されてしまう

借金を全額返済していない状態で過払い金請求を行ってしまうと、信用情報機関に事故情報が登録されてしまいます。
これは俗に「ブラックリストに載る」などと言われているもののことで、こうなってしまうと様々な不都合が生じてくることになります。
では何故ブラックリストに登録されてしまうのかと言うと、それは借金返済中の過払い金請求が債務整理として扱われてしまうからです。
利用者が債務整理ではなく過払い金請求の手続きを行ったとしても、金融機関としては債務整理と同じ扱いにして登録を行い、それによって様々なデメリットが生じることになります。

 

新規の借入やカードの作成が難しくなる

借金返済中に過払い金請求を行いブラックリストに登録されてしまうと、新規の借入やクレジットカードの作成が困難になってしまいます。
申し込みを行っても、貸金業者やカード会社が信用情報機関に照会をかけると事故情報がヒットしてしまうのです。
尚、事故情報の登録期間については決して無期限ということではなく、どの信用情報機関でも大体5年程経過すれば、新規の借入やクレジットカードの作成を容易に行えるようになります。

 

ローンの審査に通りにくくなる

ブラックリストに登録されてしまうと、ローンを組む際にも不都合が生じてしまいます。
結論から言うと、ローンの審査に通る可能性が通常の場合と比べてかなり低くなってしまうのです。
住宅ローンはもちろんですが、自動車ローンや教育ローンなど、あらゆるローンの審査に通りにくくなってしまいます。
尚、こちらの場合も5年の事故情報の登録期間が終れば通常通りに審査を受けられるようになります。

 

費用が嵩む

過払い金請求はお金がかかる

ブラックリストに登録されること以外に、過払い金請求にはもう一つ、費用が嵩むというデメリットがあります。
過払い金請求を行う方の多くが弁護士または司法書士に依頼するのですが、そうなると当然諸々の費用が必要になります。
弁護士または司法書士に過払い金請求を依頼した場合に必要な費用には以下のようなものがあります。

 

着手金

これは過払い金請求を依頼した時に発生する費用です。
金額の相場としては4万円前後となっています。
尚、この額は1社にだけ依頼した場合のもので、複数社に依頼すれば着手金の額も割引されることなく上乗せされていきます。

 

基本報酬

こちらは着手金とは違って、業務が終了した時点で発生する費用です。
金額の相場は、こちらも4万円前後となっています。
またこれも着手金と同様に、依頼する会社が増えるごとに金額も割引されることなく上乗せされていきます。

 

成功報酬

成功報酬とは文字通り、過払い金請求が成功してお金が返ってきた時に支払う費用です。
戻ってきた金額の20%程が成功報酬の相場となっています。