請求する過払い金の計算に用いる計算方法を「引き直し計算」と言います。

過払い金がいくらあるのか自分で計算する方法

MENU

過払い金請求の計算方法とは

過払い金請求を行うためには、いくつかの手順を踏まなければなりません。
その大前提となるのが、請求する過払い金の計算です。

 

当然のことながら、回収すべき金額が決まっていなければ請求を行うことはできません。
ここでは、そんな過払い金の計算方法について紹介していきたいと思います。

 

グレーゾーン金利と過払い金

まず初めに、簡単に過払い金とは何なのかという事を説明します。
我が国では、金融業者が利用者にお金を貸す時には、「利息制限法」という法律に規定された利息の上限を守って貸さなければなりません。

 

この上限は、

  1. 元金10万円未満なら年利20%まで
  2. 元金10万円以上 100万円未満なら年利18%まで
  3. 元金100万円以上なら年利15%まで

という3段階で決められています。

 

本来であれば、この上限を超える利息でお金を貸すことはできません。
ところが、2010年に法律が改正されるまでは、「出資法」に規定されている年利29.2%の範囲内であれば、利息制限法に違反した金利を課していても何ら罰則を受けることはありませんでした。
この、利息制限法には違反しているものの出資法には違反していない範囲の金利(上限29.2%)が所謂「グレーゾーン金利」です。

 

そして、このグレーゾーン金利から本来払うべきであった利息制限法の金利を差し引いた金額が「過払い金」です。

過払い金請求は自分でできる?

 

過払い金請求の計算方法

過払い金請求を計算するイメージ

過払い金請求をするにはまず、過去の取引履歴を金融業者から取り寄せ、それを元に具体的にいくら請求するかを計算します。

 

この時に用いる計算方法は「引き直し計算」と呼ばれるものです。

 

引き直し計算とは、以下のような計算方法です。
まず、過払い金請求を行う人間が過去に100万円を29%のグレーゾーン金利で借りていたとします。

 

そうすると、1年後には利息として100万円の29%に当る29万円が加算され、借金の総額は129万円になります。

 

ですが既に述べた通り、本来は100万円という額であれば15%までしか利息を付加することはできません。
つまり、本来であれば100万円の15%に当る15万円が加算されるだけで、返済義務が生じるのは115万円分のみということになります。
ですから、このケースで仮に利用者が業者の言われるがままに129万円を支払ったとすると、129万円-115万円で14万円分を余計に支払ったということになり、この14万円が請求可能な過払い金となります。

 

このように、利息制限法に従った適法な金利であった場合の借金額を計算し直すことを「引き直し計算」と言います。

 

尚、ここで紹介した引き直し計算の計算式はあくまでも基本的な形でしかありません。
実際には、分割で返済した金額や返済途中に借り入れた金額なども合わせて計算しなければならないため、上記の計算式よりもいくらか複雑になります。
とは言え、上記の計算式を覚えておけば過払い金請求のどのような計算にも応用することができますので、覚えておいて決して損はありません。