精神的に追い詰められた時に、頼れる弁護士がいるのは、とても心の支えになります。

借金を解決するには

MENU

借金問題は一人で悩まず弁護士に相談しましょう

ここまで、債務整理に関する大まかな費用を見てきました。
高額に感じた方も、低額と感じた方もいらっしゃるでしょう。

 

いずれにせよ、この目的は債務整理で借金を解決するということです。
弁護士費用をたくさんとって、さらに苦しめようとしているわけではありません。

 

ただし、中には悪質な手段で不当な報酬を求めてくるような弁護事務所(多くの場合で詐欺です)も存在します。

 

詐欺

取り締まりが厳しくなったとはいえ、やはりこういった方法で詐欺を働いている悪党がいるのも事実なのです。

 

万一このようなグループにつかまってしまった場合、さらに借金が増える危険もあります。十分に注意していただきたいと思います。

 

少し脱線しましたが、正規の真っ当な弁護士もしくは司法書士は、きちんと借金問題を解決してくれるはずです。

 

もちろん、その働きに見合った報酬も請求します。

 

過払い金返還を例にとっても、返還金額の21%とありますから、
300万円戻ってきたら、63万円が報酬となり、237万円が手元に残るわけです。

 

他にも着手金や基本弁護料などもかかりますが、少なくとも220万円は手元に残ります。

 

その220万円は、残っている借金を返済しても良いですし、借金がなくなった場合は自由に使えるお金となるのです。

 

そう考えたら、決して高い費用とは考えないはずです。

 

また、自己破産をお考えの方はなおのことと思いますが、精神的に追い詰められた時に、頼れる弁護士がいるということは、とても心の支えになってくれるはずです。

 

借金を解決する、その先の人生を見守るまでが、債務整理なのです。