連絡先は必ずあなたの携帯に、任意整理の場合、書類は弁護士・司法書士事務所で受け取りましょう。

債務整理をバレないために気をつけること|油断禁物!

MENU

債務整理は会社にバレる?

 

債務整理には大きく分けて「任意整理」「自己破産」「民事再生」「特定調停」の4種類があります。

 

結論から先に言うと、いずれの場合も直接会社にバレるという事はありませんので、まずは安心してください

 

敢えて気を付けるべき事としては、「任意整理」意外の3つの手段に関しては、「官報」に掲載されてしまう為、会社の方が調べようと思ったら、いつでも調べる事ができるという事です。

 

しかし、債務整理の方法が決まり、実際に債務整理に向けて動き出した時点から、会社にバレない様に気を付ける必要があるのです。

 

バレる・バレないは、すべてあなたの取った行動による結果と考えてください。

 

まず連絡先ですが、必ずあなたの携帯に連絡をしてもらう事です。
仮に会社や家族に連絡がいく場合、基本的には個人名での連絡となります。

 

家族はともかく、会社へ、しかもあなた宛に個人名から連絡があった場合、電話を取った人は十中八九「金融会社からの電話」と思います。

 

そしてこれらの噂が会社で広まるのは、非常に早いという事も覚えておきましょう。
これらの行為の先に、もしかしたら「官報」を調べるかも知れないという事を意識しましょう。

 

そして任意整理の場合は、郵便物が家族や会社に届かぬ様、弁護士・司法書士事務所へ取りに行く事を強くお薦めします

 

会社にしろ、家族にしろ、個人名で送付された郵便物は確実に怪しまれます。

 

そして「親展」マークが付いている場合は尚更であり、書類という動かぬ証拠を見られてしまった時点で、完全にアウトとなってしまいます。

 

とにかく必要なのは、会社にバレない為に労を惜しまない事と、その為の意識をずっと持ち続ける事です。

 

常に意識する事は大変かと思いますが、ふとした気の緩みが、会社にバレてしまうきっかけになりうる事をお忘れ無く!