どの様なメリット・デメリットがあるのか、ご紹介いたします。

おまとめローンの使用するメリットとは?金利が下がる場合も!

MENU

おまとめローンについて

 

おまとめローンとは、複数の会社からの融資を、新たな会社1社からの融資によって借り換えて今までの負債を全て完済し、返済を1社に絞る方法の事を指しています。

 

言い換えれば、多重債務者向けの商品という事ができると思います。

 

おまとめローンのメリットとしては、1社に絞る事により、月々の返済額を若干減らす事ができ、また金利が下がる場合は、総返済額が減る事になるというメリットがあります。

 

金融会社へ毎月振込で返済されている場合は、その際の振込手数料が減るというメリットもありますね。

 

月々の返済が1社だけという、精神的な意味でのメリットもあります。

 

多くの会社への返済を考えなくても済むという安心感もありますよね?

 

おまとめローンでの使用を前提として大金を融資してくれる会社もあれば、多重債務者向けに、今までの融資を全て新規の会社が肩代わりして完済し、代わってあなたに請求するという方式を採る会社もあります。

 

前者の場合は、融資で得た大金を他の目的として使用する事もできます。

 

それは、あくまで信用から得た融資枠ですが、結果として債務を増やしかねないという危険もはらんでいます。

 

ただ、おまとめローンに変更したからと言って、大幅に金利が下がる事はありません。

 

下がる金利は微々たるものであり、逆に貸金業法により融資する金額が増えると上限利率が下がる、という「からくり」をよく理解する必要があります。

 

よくよく考えてみると、月額の返済は減りますが、総返済額は大して変わらない訳であり、月々の返済が厳しい方が利用するメリットは「その場しのぎ」としてのメリットであって、本気で多重債務の完済を考えているのであれば、他の債務整理の手段を取った方が、あなたの為かも知れませんよ。