自己破産とは違い、不動産や自動車などの資産を残すことができます。

最も一般的である任意整理-概要と利点・注意点のまとめ

MENU

任意整理とは?

 

「任意整理」とは、債権者(債権会社)と債務者との間で和解し、債務を整理する事を指します。

 

債務整理の手段の中でも、最も一般的なものであると言えます。

 

和解と言っても、債務者である個人が債権会社と和解交渉を行うのは至難の業であり、弁護士や司法書士に委任するのが一般的です。

 

和解交渉が成立した場合には、弁護士や司法書士に成功報酬を支払う必要がありますが、1件あたり約3~5万円が相場と言えます。

 

弁護士や司法書士に依頼した時点で、債権者に「受任通知」を発送しますので、これ以降債権者から取り立て等の電話が掛かってくる事は、一切なくなります

 

仮に電話が掛かってきた場合でも、弁護士や司法書士に委任した旨をはっきりと伝えましょう。それ以降電話は掛かってこなくなります。

 

今後支払う利息分と過去の利息分を計算し、適切な返済金額を弁護士や司法書士から債権会社へ提示し、和解交渉を行います。

 

余程の事が無い限り、不調に終わる事はまずありません

 

和解が完了したら、合意書を三者で締結し、合意書記載の内容で今後返済を続けていく事になります。

 

因みに返済は弁護士・司法書士事務所が代行で行うケースが多いと言えます。

 

過去の返済金額が多い程、今後返済する金額が減額となりますし、今後は利息などを返済する必要もなくなります。

 

自己破産とは違い、不動産や自動車などの資産を残す事ができますし、仮に複数社の借入がある場合でも、どの会社と任意整理を行うのかを選ぶ権利は債務者にあります。

 

任意整理するとクレジットカードは作れなくなる

しかし、任意整理対象となった会社は、信用情報機関に事故情報として掲載しますので、その情報を見た他の会社が取引を止める可能性があります。

 

また、信用情報機関に掲載されている情報を参照しますので、クレジットカードは基本的にまず作る事ができないと思っておいてください。