任意整理で借金を返すことができず、自己破産を避けたい人が利用する手段です。

民事再生の概要|個人向け・営業向けの2種類が存在

MENU

民事再生とは?

 

「民事再生」は債務整理の手段としてもマイナーな部類に入ります。

 

基本的には任意整理で借金を返す事ができず、自己破産を選択しようにも住宅などの不動産を手放せない方が利用する手段となります。

 

民事再生には個人向け、自営業向けの2種類がありますが、個人の債務を整理する場合は「給与所得者等再生」が該当します。

 

民事再生ですが、以下の条件で債務の減額が決まります。

 

債務が100万円以下の場合、民事再生は適用できないという事になります。

 

基本的には以下「最低弁済額」「可処分所得(収入から所得税や社会保険料等を控除し、民事再生法で定められた最低生活費を除いた金額)の2年分」のうち、多い方の金額を最低限返済する必要があります。

 

  • 100万円以下:減額無し
  • 100万円以上、500万円未満:最低弁済額100万円
  • 500万円以上、1,500万円未満:最低弁済額が債務総額の20%
  • 1,500万円以上、3,000万円未満:最低弁済額300万円
  • 3,000万円以上、5,000万円未満:最低弁済額が債務総額の10%

 

今後も安定した収入が見込める事と、3年間に渡り分割返済をする必要があるという事も条件のひとつです。

 

3年間返済できる環境にあるかどうかで、民事再生を受けられるかどうかが決まってきます。

 

例として、仮に300万円の債務がある方の場合、民事再生を行う事で100万円まで減額する事ができる可能性がありますが、収入額によっては、あまりメリットが出ない場合があります。

 

また不動産等、手放せない資産はそのまま残す事ができるのです。

 

民事再生のデメリットは、自己破産と同様に、官報に載ってしまうという事と、信用情報機関に事故情報として掲載されますので、新たな借入はできなくなります。

 

もちろん今所有しているカードを使用する事もできなくなります。

 

住宅ローンの返済で困っている方は、民事再生は住所ローンについては対象外となりますので、適用する事ができず、本当に困っている場合は住宅を手放す他に手段はありません。